新宿ウサギズのはじまり

一度聞いたら耳に焼き付くその言葉、「新宿ウサギズ」。なぜ、新宿なのか?どうしてウサギなのか?その意味をよく尋ねられるので、ここで紹介しておこう。

ウサギズの活動コンセプトは、人が思いつかなかったようなモノ同士を組み合わせる事である。まずは常識を疑い、視点を変えて混ぜ合わせてみる。

「新宿」という地名と組み合わせるならば、ウサギズ的な思考で考えるならば、「うさぎ」と組み合わせる。すると、「新宿うさぎ」という言葉が生まれる。

でも、「新宿うさぎ」なんて、まるで、カワイイ女の子の集まりみたいで、ボクらみたいなオッサン達が名乗るには、だいぶ恥ずかしいじゃないか。そこで、「らしさ」を出すために、もうひとつの要素を混ぜ合わせる事にした。それが「Z」という強い刺激のあるアルファベットだった。

そして、「新宿」+「うさぎ」+「Z」から、「新宿ウサギズ」という言葉が生まれた。

まるでペンと、アッポーと、パイナッポー合わせたら、ペンパイナッポーアッポーペンみたいな話だが、言葉が放つ音というのはいかに重要かを、ボクらの活動の中で証明していこう。

名前が決まったところで、何を始めようか?

まずは、一番目立つ表現手段を選ぼう。人の印象に残るような。それでいて、自分達がやった事がない事に挑戦したい。自分達の感性を研ぎ澄まし、表現力を試し、能力を疑う、そして、成長していくために、それをやり貫くのだ。

発信し、恥をかき、見つめなおして、投げては跳ね返ってきたボールに当たり、いや、当たればまだマシさ。これだけ多種多様な表現が溢れる世の中、投げたボールは巨大なスルーの川に落ちて、流されていき、誰の目に触れる事もなく海に流れつく、そして、いつしか海底に沈んで、誰にも気付かれる事もなく朽ち果てていく。

それでも、ボクらは自分達の鍛錬のために、やり続けるのだ。積み上げていくのだ。

1つ1つのアイデアは、ちゃんと「作品」という形で残していけば、無駄になる事はない。いつか、その作品のどれかが、必要とされる誰かに拾われるかもしれない。

しかし、この漠然と釣り糸を垂らす行為ではウサギズは納得いかない。もうひとつのウサギズらしさがある。

ウサギズは、自然の摂理に従った動物的な直観に素直に従って作品を考えている。つまり、ボクらが作る作品は、その場限りで思いついただけの使い捨てではなく、全ての作品が、ひとつの巨大な目的に向かっているのだ。

ボクらが最初に選んだのは、「踊りながら歌う」という事だった。

踊った事も、歌った事も、曲を作った事も、作詞した事もないボクらが、急にやるから面白い。

今は作った動画をすぐにアップロードできるサービスがある便利な時代だ。でも、その便利は、既に生活の必然になって、珍しいものでもなんでもなくなっている。作り手には良い時代でも、評価を求める者としては、ツライ時代でもある。

しかし、これがウサギズにとっては、都合が良かった。未知のものに挑戦するという事は、それは始める前からブザマなモノになる事はわかっている。でも、この巨大なスルーの川なら、誰にも気付かれずに泳ぐ事ができるじゃないか! 

次へ:恐れるものは何もない、さあ、始めよう!

Pocket