新宿ウサギズについて

活動コンセプト

馴染み深いアンバランスなネーミング

新宿ウサギズは、2つ以上の要素を組み合わせて、画期的なアイデアを生み出すのが得意なチームです。

使い古され、行き詰ってしまったようなアイデアも、新宿ウサギズにとっては最高の材料です。そこから人を驚かせるような組み合わせ方をして、劇薬的な作品を生み出します。新しく生まれたものは個性的すぎて、拒否反応が起こってしまうかもしれません。しかし、そこにまた新たな要素を加えて調整すれば、ずっと存在していたかのように馴染み深い存在に仕上がります。

例えば、「新宿」という地域名に、ボクらなら動物の「うさぎ」を足します。そして、「新宿うさぎ」が出来上がりました。

しかし、「新宿うさぎ」という言葉では、自分達の意図する方向性を指し示した言葉としては物足りなさを感じます。そこに更に「Z」という香辛料を加える事で、「新宿ウサギズ」になりました。

これで、馴染みのある柔らかい言葉に、少し社会貢献を感じさせるオトナっぽさと、ワクワクするような期待を感じさせるイタズラ坊主のようなワンパクな単語に仕上がりました。

アイデアや企画、事業計画は、料理に似ています。ボクらは、ありきたりな食材に、全く想像していなかったような食材を足して、そこに、独自なスパイスで味を調節して、食卓に並べていきます。

メインスタッフ

アキヒロ (恐怖のウサギ男担当)
元コンピュータープログラマー。なんでも形から入りたい人間で、アイデアが出たらまずはドメインを取得しようとします。突撃隊長のように見えて、実は、一番前を歩く事よりも2番目くらいから後ろをつつく秘書みたいな性格をしています。ウサギズではコーヘイの思い付きを、別の他人に投げつけて反応を見て楽しんでいます。

コーヘイ (恐怖のブタ男担当)
元カメラマン。ウサギズの大抵のアイデアはコーヘイの思いつきから始まります。人は他人に意見を求める時、既に期待した答えを待って口に出しているものですが、コーヘイに質問した時は、その答えは必ず期待を真っ向から破壊して、別の方向に打ち返すものなので、普段は羊の皮を被ってカモフラージュしています。しかし、そんなコーヘイの才能は、ウサギズのためにあるようなものでした。

協賛・協力一覧

PikodonCompany (制作/企画協力)
折羽ル子 (イラスト/企画協力)
・WooSirLOOPER (音楽)
・ネル子 (出演)
・怪人ギョガンアイズ (撮影/編集 アシスタント)

連絡先

このTwitterアカウントをフォローしてメッセージをお送りください。

新宿ウサギズの事をもっと知りたい?では活動開始時のお話からはじめましょう。